看護師の様々な「裏事情」をご紹介していきたいと思います。

MENU

ナースの【裏事情】勤務環境・年収・婚活

 

女子高生・女性大生を対象にした、
なりたい職業ランキングでは常に看護師は上位に入ってきます。

 

看護師は女性中心の仕事の中でも給料が高く、
人の命を救う責任感とやりがいが大きい仕事です。

 

近年は男性が看護師になるケースも増加していて、景気に左右されにくく働き口もたくさんある仕事として不動の人気を誇っています。

 

しかし、ナースは離職率が高いことでも有名で、中には高い費用を払って看護大学に通ったのに、すぐに挫折をしてほかの職業へ転職してしまう方もいます。

 

当サイトでは、勤務環境・年収・婚活事情などを現役ナースでしかわからないような裏側からの話も織り交ぜて紹介しています。

 

 

離職理由の第一位は人間関係

看護師の退職理由

もちろん、名目上は一身上の都合のためになり、職場へ退職意向を伝える際は違う理由を用意している方が多いです。

 

しかし、本当の離職原因は人間関係を理由にするケースが圧倒的に多いです。

 

看護師の職場は全般的に人間関係や雰囲気が悪いです。

 

女性中心の職場ということに加えて、そもそも看護師になる方は気が強い人が多く、日々仕事に追われる激務から気持ちの余裕がなく不満が溜まりやすい環境というのが関係しています。

 

総合病院などスタッフが多い場所では派閥ができることも頻繁にありますし、ドクターや医療事務、その他病院スタッフを相手に人間関係のトラブルが発生するケースもあります。

 

気が弱くてNOと言えない性格だと雑務など人が嫌がる仕事がどんどん回ってきますし、少しでも先輩、上司の指示に反論しただけで嫌がらせをしてくる先輩もいます。

 

人間関係が嫌でやめる看護師は、転職を繰り返したり、クリニックなど人が少ない職場に転職して落ち着くことが多いです。

 

ちょっと嫌なことがあって退職しても再就職先が簡単に見つけられる点は大きなメリットになっていて、離職率が高いのは転職を簡単にできることも関係しています。

 

 

 

超ブラックな職場

理想と現実のギャップが大きいことでも有名な仕事です。
それでも給料や待遇が良ければ多少のことは頑張れると思って看護師を目指す方も多いです。

 

フルタイムで働いた場合、一般的なOL以上の収入を得られますが、中身はサービス残業や長時間労働などブラックな体質で、給料は同年代の平均より高くても割にあっていないというケースもよくあります。

 

看護師の長時間労働の実態と勤務シフト

 

看護師の仕事に疲れきっている女性

ブラック体質な職場では、サービス残業は当たり前で、ひどいと夜勤空けなのに忙しいと数時間タダ働きさせられるケースもあります。

 

慢性的なサービス残業に日勤・夜勤の不規則なシフト。

 

さらに勉強会や委員会など職場の行事による拘束で寝不足、プライベートの時間がないといった環境になり、時給で考えてみると一般的な仕事よりも割安になってしまうケースもあります。

 

バイトや派遣など非常勤であれば確実に相応の時給が保証されますが、ボーナスがないため年収ベースではガッツリ働かないと少なくなってしまいます。

 

 

 

性格が悪くなる問題

看護師が口を揃えて言うことは、看護師の仕事をしてから性格が悪くなったという話です。
ここで大きな問題になるのが恋愛や婚活事情です。

 

看護師は男性受けが良い職業で子育てとも両立させやすいメリットがあります。
しかし、未婚のまま乙骨になっていく看護師も多く、その理由は性格です。

 

キツい性格になるため近寄ってくる男性がいても、その後交際に発展しなかったり、交際してもすぐに破局するケースが目立ちます。
また、看護師は年収とプライドが高いため、歳を取るに連れてどんどん理想が高くなって売れ残ってしまう人も多いです。

 

 

辛くても看護師になったことを後悔する人は少数派

離職率が高く過酷な職場が多い業界ですが、転職する方も看護師の資格を活かした仕事に就く方が多いです。

 

なんだかんだで、仕事自体にはやりがいはありますし、高給与も得られやすいため転職に成功して自分の居場所を見つけられる事例も多数あります。
資格さえ持っていれば結婚や出産してブランクができた状態でも再就職しやすいですし、資格としての価値の大きさは看護師の魅力です。

 

また、年収が良いので自分の好きな事にお金を使えるというメリットもあります。
旅行に行ったり、ショッピングをしたりしてストレスを発散しているようです。
中には二重に整形する人もいるようですよ。

二重プチ整形【成功への鍵】