フルタイムで働いていても、休日に他の病院で副業バイトしている看護師も多いです。

MENU

リアルな給料と時給

 

ナースの給料事情

看護師の平均年収は地域格差が大きいことでも有名です。
都心にいくほど給与は高く、地方では安くなります。

 

ほかの職種にも共通している傾向ですが、看護師は特に地域格差が大きい業種です。

 

地方出身者でも給料が違うことを理由に地元を離れる方も多く、地方に行くほど若手看護師が少なくなる傾向もあります。

 

 

東京の看護師の給与事情

全国でもっとも平均給与が高い地域です。

 

フルタイムの平均年収は約520万円。
パート、アルバイトの平均時給は1,600円ほどです。

 

人口も多く、病院、老人ホームをはじめ、看護師の資格を活かした豊富な求人が多いのも特徴です。

 

職場の分母が大きいので、給料が良いところもあれば悪いところもあります。

 

給料と仕事の大変さは必ず連動するわけではないですが、稼ぎたい目標額を設定して、そこから給料に見合った仕事を探すとよいでしょう。

 

仕事量が多いので若手看護師でも夜勤をガンガンこなす仕事であれば年収600万円~700万円稼ぐことも可能です。

 

東京であれば、どこで働いても給料や時給が高いとは限らず、地方並の時給1,000円~1,200円程度の仕事もありますし、サービス残業を求められるなどブラック体質で額面は普通でも全然割に合わない仕事もあります。

 

 

 

看護師はキャリアアップが可能

女性の仕事の中でもキャリアアップの道が豊富で、役職を持ちやすい職業でもあります。
最終的なキャリアアップのゴールに位置づけられるのが看護師長です。

 

大きい病院であれば年収700万円~800万円になることもありますが、実際は500万円~600万円ほどの水準が平均のようです。

 

通常の看護師とあまり変わらないと思われるかもしれないですが、原則夜勤なしの働き方で高給与を得ることもできます。

 

ただし責任が大きく雑務や残業も増えるため、出世願望を持たない看護師も多いです。

 

お金のために出世したいというよりかは人の上に立ちたいとか、自分のやり方で仕事をしたいということを理由に出世する方がいます。

 

このほかにも専門看護師や認定看護師を取って現場のリーダーとしてキャリアアップする方法もあります。

 

稼ぎたい人や出世願望が強い方は看護師の仕事が向いているかもしれません。

 

 

 

副業バイトしている看護師がたくさんいる

医療業界はバイトOKという職場が多く、フルタイムで働いていても休日にほかの病院で働く方がたくさんいます。

 

お金を目的にしているケースもあれば、ほかの病院の働き方や症例を見てスキルアップを目指す名目を持っている方もいます。

 

単発で夜勤を1回こなせば2~3万円もらえることもあり、出費が多くてお金に困ったらバイトをするなど、状況に合わせて収入をコントロールすることもできます。

 

バイトの味を占めて正職員を退職し、夜勤専門の派遣で働く方もいます。