日勤と夜勤をこなすフルタイムは過酷な環境になりやすいです。

MENU

長時間労働と勤務シフト

 

看護師のシフト

看護師の仕事は日勤のみと日勤+夜勤、夜勤のみの3種類がありますが、いずれの勤務形態でも長時間労働や勤務シフトがネックになることが多いです。

 

特に日勤と夜勤をこなすフルタイムは過酷な環境になりやすいです。

 

不規則な勤務形態と生活リズムの問題について

 

 

2交代と3交代

総合病院や老人ホームなどは看護師が24時間常駐する必要があります。
夜勤がある仕事は2交代と3交代がありますが、いずれも楽な労働環境ではありません。

 

2交代の場合、夜勤が16時間勤務になることもあり、夜勤明けからの残業や日勤の慢性的な長時間残業を求められるケースもあります。

3交代であれば1回の勤務時間自体は短いですが、夜勤をやってから翌日の日勤をやったり、人が少ないと日勤後に深夜勤をやるなど過密なシフトを組まれることもあります。

 

忙しいと夜勤でも一切仮眠を取れないような日も出てくるので体力的に限界が来て退職へ追い込まれる看護師もたくさんいます。

 

2交代と3交代それぞれにデメリットがあり、結局は職場の管理体制や人員不足の有無がポイントになってきます。

 

 

若手にしわ寄せが来る

人員不足の職場では、どうしても誰かがきついシフトを組んだり残業することを求められます。

 

雑務が理由の残業や、睡眠時間を確保できないシフトはベテラン看護師は拒否することも多く、体力があり立場的にも弱い若手に嫌な仕事が回ってきます

 

しわ寄せを受けた若手看護師はプライベートの時間を確保できないくらい激務に追われることもあり、結局若手がみんなやめていき、新しく入った新人にしわ寄せさせる悪循環が長年続いている職場もあります。

 

 

 

日勤のみでも過酷な職場はたくさんある

外来やクリニックなど夜勤がない仕事もたくさんあります。

 

パートなど非常勤であれば融通が利いた働き方ができますが、フルタイムになると残業やシフトで問題が出てきます。

 

そもそも日勤のみの職場は子育てと両立するパートが多く、面倒な仕事は正職員に集中していきます。

 

子供がいる看護師は、子供の体調不良で当日欠勤するケースも頻繁にあり、ほかのスタッフの仕事負担が大きくなります。

 

残業は常に正職員の仕事になり、子供の行事が入りやすい土曜日やお盆など休みを取りたいタイミングでもフルタイムで独身だと希望通りのシフトを組ませてもらえません。

 

ほかのスタッフの勤務変更でシフトを組み直すこともよくあり、日勤のみなら楽だろうと転職したけど、プライベートの時間が少なくなってしまい夜勤の仕事に戻っていく看護師もいます